強く言葉を操る人

「嫌われる勇気」なる本が売れているらしい。 読もうかなと思ってたけど、いざ手に入れると読む気にならなくて積み本にしている。 正直、嫌われる勇気なんて持たない方が良いと思う。 自分への批判が正当なものだろうが不当なものだろうが、批判をされればい…

 壊れたらさようなら

今日は恐ろしく暑い日だった。 写真を撮りながら歩こうと思ってM2を持ち出したけど、暑すぎてジッと構えて撮る気にはなれそうになかったので、家を出て10秒で舞い戻ってGR1と入れ替えた。 撮影のテンポを上げないと熱中症でやられそう。 RICOH GR1 Kenmore P…

 デトックス

ストレスでも脂肪でも溜め込むのは良くない。 外に吐き出せ。 RICOH GR1 Fomapan200 RICOH GR1 Fomapan200 RICOH GR1 Oriental Seagull 400正直みんなが吐き出したら悪意と暴力に満ち満ちた世界になりそう。 まぁ、SNSなんかはすでにそんな感じなのかもしれ…

 見送り三振

プロ野球で一番嫌いなのがハーフスイングと見送り三振。 ハーフスイングは打つのか止めるのかはっきりしろと言いたくなる。 見送り三振は、なんだか少し情けなくなる。無理そうでも振ってほしい。 Leica M2 Summaron 35mm/f3.5 Kentmere Pan400 今日は雨が降…

 モノクロフィルム~FOMAPAN 200 Creative

モノクロフィルムのレビュー的備忘録。 今回はFOMAPAN 200 Creative。 FOMAPANというと黒いものはしっかり黒く写るハイコントラストさが特徴。 シリーズとしては100・200・400があるけど、200はT粒子フィルムなので、シリーズの中でも少し異端。 Leica M6 Su…

 らしさ

仕事で沖縄に行った。 沖縄はもうずっと毎年必ず訪れていて、土地勘も風土的な部分も割と知っているつもりだけれど、この街は変わらないようで絶え間なく変わっていっていて驚くこともいっぱいある。 自由にできる時間があったから、つかの間の散策ができた…

 正しければいいってわけでもない

色んなところに色んな正義とか色んな悪があるんだろうけど、一番嫌だなって思うのが自分が正しいと信じきってる人間の放つ独り善がりな発言だと思う。 立場が変われば意見も違う。わからないなりに、わかろうとすることさえ放棄するのは違う気がする。 「い…

 軽やかな日々を

もっと軽やかに日々を過ごしたい。 カメラをつかんで電車でも飛行機でもクルマにでも乗って、色んな街の片隅を撮りながら、誰にもわからない自分だけのその街の風景を切り取っていきたい。 どこだか他人様にわからなくても自分の中にはしっとり残っているよ…

 自分の頭で考えてやるってこと

Leica M6 Elmar 50mm/f2.8 Fujifilm Neopan 100 Across 黒いM6に銀の沈胴レンズの組み合わせもなかなかいい。 宗右衛門町の裏路地は昼間でも薄暗くて何かの臭いが立ち込めていた。 Leica M6 Elmar 50mm/f2.8 Fujifilm Neopan 100 Across それに比べたらアメ…

 モノクロフィルム〜Kentmere Pan400

備忘録的に書いているモノクロフィルムのレビュー。 今回はKentmere Pan400。 今まで使った中で使用頻度が高いのがこれかTri-Xだと思う。 コントラストはTri-Xに比べたら低く、lomoに比べたら高い*1。 少し粒子感があって、レトロな感じな仕上がりの印象。 …

 強い言葉と強い写真

古本屋さんで見つけた一冊。想い事。作者: Cocco出版社/メーカー: 毎日新聞社発売日: 2007/08/10メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 6人 クリック: 32回この商品を含むブログ (39件) を見る何となく本棚から抜き出して表紙を見て、綺麗な写真だなと思っ…

 朝の錦市場

「京都の台所」。 最近は外国人観光客の増加で足が遠のいていた。 朝一番に近くを歩いたので立ち寄った。 RICOH GR1 Fujifilm Neopan 100 Acros 人影がまばらながらも、早いお店は開いている。 RICOH GR1 Fujifilm Neopan 100 Acros 開店準備。怒涛の買い物…

 パーフォレーションムラが出た

今日も京都市内を散策しながらスナップ。 帰ってきてから現像作業。 前回の反省を活かし、きっちりと現像時間を守り、水洗と乾燥も神経質なぐらい頑張った。 出来上がったフィルムはお店と同じくらいピッカピカ。 これはすごい! 早速スキャンを…。 なんだこ…

 適当な僕が自家現像した話

とりあえず道具も揃ったしやってみるかということで、本当にあまり深く考えずフィルムを自家現像した。 大まかな手順を今更ここで書くのも違う気がするし、丁寧に書かれている先輩諸氏のブログ等を参考にやったほうが絶対にいいと思うので、手順については割…

 現像とレンタル暗室

現像の件 トイラボさんが被災されてしまい代わりに以前お世話になっていた郵送サービスで現像してもらったりしていたのだけれど、トイラボさんに比べたら少し制約があったりして、それならばと依頼した八百富さんのスキャン精度が許せず…。 いろいろと悩んで…

 モノクロフィルム~Lomography Lady Grey B&W 400

今まで使ったモノクロフィルムの紹介というか自分用まとめ。 どんな感じだっけ?っていう記憶のために。 あと、自分の中でこのフィルムの特徴が出たなーと思う自分の中での”良い作例”を貼りたいなと思う。 初回はトイカメラでお馴染みLomoのモノクロフィルム…

 未練

今年は桜を楽しむ時間もなく散っていった。 そう思っていたけれど、意外と写真に残っていた。 自転車を止めて思わず眺めたくなるような鮮やかな桜。 桜のいいところって見る人に未練を残すところだと思う。 鮮やかに街を彩って、鮮やかに散る。 粋な花だ。 …

 祈る

熊本の地震が起こって、震度7という数字に驚いた。 それが本震ではなく前震だった。 どんどん酷くなる事態に少し気が滅入る。 いつかMINIで駆け抜けた緑色の阿蘇が土色に変わっている姿がショックだった。 トイラボさんと中村光学さんがひとまずご無事で安心…

 ノイズが染み付いた場所

日本のロックシーンで伝説的なライブ会場ってキャロルの解散ライブで炎上したり、THE MODSが集中豪雨の中でやりきったりと長い歴史の中で、何か起こってきた「日比谷野外音楽堂」がメジャー処な気がする。 ハコで行ったら屋根裏とかも自分の中では同列かな。…

 本当に良いモノ

「若いからこそ本当に良いもの、こだわったものを使え。」 最近、カメラ屋さんで言われた言葉。 贅沢をしろっていう事ではなくて、靴でも洋服でも時計でも、なんでもそうだけど、ホンモノを知る、触れるということがその後自分にもたらす何かは大きいよって…

 モラトリアム

最近は卒業式ラッシュなのか振袖姿の人をよく見かける。 ふらっと大学の構内を歩いてみると、なんとなく懐かしい気分になったりもする。 大学時代の思い出って少し他の記憶よりも濃い気がする。 自由を謳歌している中で出会った仲だからかな。 つい最近、そ…

 街の中のマーク

深緑なMINIの色けっこう好きだ。 昔乗ってたMINI同じ色だった。今回M6で撮った白黒写真の多くが気に入る出来で安心した。 GR10で撮ったカラー写真はぱきっぱきな感じで納得した。レンタル暗室借りたい。 プリントしたい。

 インフルエンザと一週間

インフルエンザに罹ってしまって、火曜日から今日までまともな社会生活が送れなかった。 そもそもなんか体おかしいなって感じはあったんだけど、熱もないから出かけた月曜日。 やっぱりおかしいなー早く帰ろうと家に帰って熱を測っても微熱だったのだけど、…

 GRが好きすぎる

RICOHのコンパクトカメラ、GR。 もともとGreat Ricohの略なんだけど、最近はGet Realとか言っちゃってる。 変わらないことがコンセプトなカメラなのにそこ変えちゃうのかって少し笑える。 ころころ使用カメラを変えている自分が、一度手放した後に後悔し続け…

 みんな「何者」かになりたい

都会に住む人が田舎暮らしに憧れるなんてことがあるらしい。 たまに田舎に行って地元の飲食店で地元の人と酒を酌み交わすなんてレベルならわかるけど、自分の今の生活から劇的に環境を変えて田舎に暮らしたいなんて、相当病んでいる。 考えてみれば、人がた…

 熱海

今年は人生で初めて行く場所に結構いけている気がする。 伊豆はよく行くけど、西伊豆の静かで長閑な感じに比べたらどうにも食わず嫌いだった。 お上品な建物とお庭から、昭和的エロスまで揃い踏み。 テーマパーク型で残っているのは熱海だけらしい。 しかし…

 オーバーホールしたM2と蔦屋書店のライカコーナー

買ってすぐにオーバーホールに出したM2が帰ってきた。 「使えるライカ」と「オーバーホールしたライカ」は別のモノと聞いていたけど、ここまで違うか!と驚愕している。 もともと質感ではM6より良い感じだったのだが、巻き上げとシャッターフィールがまるで…

 フィルムカメラの世界を覗いてみて感じたこと

まだ片足くらいしか浸かってないと信じたい。 デジタル世代の自分がフィルムカメラをメインに使い始めて感じたことをまとめつつ、今興味を持っている人に伝えたいこと。 動機 好きな写真家さんがフィルムカメラで作品を作っていた。 たまたま惹かれたカメラ…

 ピースマークをハートに

首が吹き飛ばされた聖人の像が惨い。 惨いとか悲しいとかそんな言葉で片付けられない感情。 長崎にて。 北野天満宮に梅を見に行った。 近くを散策していると、京都佛立ミュージアムで、「トランクの中の日本」の写真展が行われていた。 たまたま今日が最終日…

 中判カメラってどうなんですか?

ふいに人から中判カメラってどうなんですか?と聞かれた。 どうなんですか?って、質問になってないにも程があるのだが。 どうなんだろう? 中判に対してのイメージ 35mm判よりもフィルムが大きいんだから当然画質含め表現力に富む 35mm判カメラよりもデカく…

 わけのわからないもの

街を歩いていると明らかに無駄なモノとか意味がわからないモノがある。 クルマどおりも極端に少ないのにセンターラインじゃ足りないのか。 倉庫に立てかけられたクルマのハッチとバンパー類。 クルマ本体はどこへ行ったのか。 わけがわからないから好奇心が…

 部屋に写真を飾ろう

海外だと壁にたくさん写真を貼っていたり、お気に入りのオリジナルプリントを飾っているなんてよくある話らしい。 我が家では、金村修のプリントを2枚ほど飾っている。ふと心が豊かになる。 自分で撮った写真を飾るのも素敵だと思う。 旅先で立ち寄った洋館…

 ふと思ったから撮った

なんか一瞬ロボットみたいに見えた。 オーバーホールから帰ってきたズミクロン50mm 3rdがあまりに良く写る。 フォマパンとの相性も悪くない。 一眼レフで50mmはなんか狭く感じるけどレンジファインダーだと広く感じる。 実に使いやすい。 年が明けて早速フィ…

 モノを人から買う

車の買い替えを考えている。 考えているっていうレベルではないかな。 買い替える気でいる。 もともと外車のハッチバックが好きで、MINIが初めての愛車だった。 ぶっ壊れて、ロードスターに買い替えた。 ディーラーの担当者がすごく良い人で、彼も旧いロード…

 2016年の抱負

いろいろとやりたいことを残しているんだ。 暗室作業のワークショップに参加する。 「モノクロ撮影をするなら自分で現像とプリントをやったほうが絶対にいい」 僕の大好きな写真家さんに直接言われたので、絶対にやりたい。 今、M2をオーバーホールしてもら…

 変化のない日常なんてつまらないもんだよ

この一年はいろいろと変化の多かった一年だったと思う。 なにが一番変わったって、メインカメラがデジタルからフィルムになった。 というか、デジタルでも結構コロコロ変えてた気もする。 思えば、2015年が始まったころのメインカメラはPENTAX K-5だった。 …

 仕事鞄にライカを詰めて

ライカを持って横浜へ行った。 始発の新幹線から見える、まだ目覚めていない街並みが素敵だった。 まだオーバーホールも終わっていないM2だからちゃんと写ってるかわからない。 でも、なんかM6よりもM2の方が好きだ。 感触が良い。 港町は良い。 足を棒にし…

 撮りたいものとやりたいことは

「君、撮りたいものは全部撮れ。それがパンクだぞ」 ジョー・ストラマーがハービー・山口氏に送った言葉。 被写体だってじっとしてないんだから、撮りたいと思ったら躊躇なく撮りたい。 やりたいことは躊躇なくやっちまえ! 「やるしかないのに、そんな簡単…

 生きることがエキサイティング

死にたいほどくだらないとか。 こんなはずじゃなかった、生まれ変わりたいとか。 そういうネガティブな感情は生まれるけど、誰かに聞いてもらいたいとかわかってほしいわけでもない。 ただ、垂れ流しの感情なんだと思うけど。 大江慎也の「GO FOR THE PARTY…

 黒く塗りつぶせ

捨て値で売られていたM2。 保証も何もない。傷も多い。 商品詳細欄には一言「キズ」。 持病のバルサム切れかファインダーの中に斜めに光る何か。 期待せずにファインダーを覗くと恐ろしくヌケがよくて二重像のコントラストも良好。 正直、今持っているM6より…

 風に吹かれて

力強く明日を風に吹かれて生きていきたい。 昔、何を勘違いしたのか、Thee Michelle Gun Elephantのアルバムを買いに行って、The Elephant Kashimashiのアルバムを買ってしまったことがある。 喜んでラジカセにCDを突っ込んだから「誰だこれ?!」って…。 風…

 わびさび

長閑な風景を眺めながらのんびり写真を撮るのも 喧騒な雑踏の中で写真を撮るのも 本質的にはあんまり変わらない。 ふと人気がなくって、さびしい空間・瞬間をパチッと撮る。 それが楽しい。 わびさび 風流に生きたいものですなー。

 ある日ある所にいること

カメラマンはあらゆる立場から自由でなければならない。 ある日ある所にいることが写真家の絶対条件だから 石元泰博先生のお言葉である。 竹富島で泊まった宿にあった先生の作品集石元泰博 写真という思考作者: 森山明子出版社/メーカー: 武蔵野美術大学出版…

 リスタート 

毎日朝から晩まで。 心から楽しいとか、やりがいだとか。 そんなものとは無縁な中で。 こんなはずじゃなかった? 覚悟さえあればいつでもリスタートできるはずさ。 たぶんね。

 漁港

小さな漁港に行ってみたいと思った。 県の面積も小さいから香川県に行った。 なんてことはない静かな漁港だった。 どこか寂しくてノスタルジックな感じ。 歩き回って写真を撮って、それだけなんだけど、それが楽しい。 手に入れたばかりのズミクロン35mmを初…

 晴れ間に秋を探しに

激しい雨が降っていた。 ダメ元で今日は出かけようと思っていたら、出かける直前に晴れ間が。 特別公開中の瑠璃光院へ行ってきた。 心穏やかに写経をして、庭の眺めを楽しむ。 「こんなに綺麗なお庭、写真に撮ったって無力に感じる」と言っている人がいた。 …

 古刹

熊野詣。 ちょっとだけ歩いただけで膝が痛くなるのに、昔の人はよく歩いたもんだ。 信仰心というけれど、時間と金があればこそ。 あ、ライカも一緒か(笑)

 島に帰りたい

最近のキーワードだ。 「○○ロス」って言葉があるけれど、いままさに「島ロス」だ。 あまりに非日常でのんびりした空間だった。 どうかこのままであり続けてほしい。 身勝手な願いだ。 Natura1600っていうフィルムの色合いが素敵だった。 旅向きなフィルムな…

 クラシック&中古カメラ掘り出し市に行った話

ライカを手に入れた次の週末にこんな素敵で危険なイベントが大丸心斎橋店で行われている。 覗くだけと思いながら軍資金を手に進む。 イベントホールの中にいろんな出展者が軒を連ねていたが、関係者ばかりでお客さんはまばら。 正直、あまり期待せずにうろう…

 ライカの世界にようこそ

とうとうライカを買った。 Leica M6 HM。 意外と迷いは家を出掛けた瞬間には消えていた。 直感的にカッコいいと心から思ったものを買おうと。 レンズはひとまずのカラースコパー35mm。 ライカのレンズを狙っていたのに良い個体がなかったから買ったけれど、…