2016年の総括

2016年、どんな年だった? 忘れられない一年だったと思う。 やりたいことは「今」やるってことを突き詰めた気がする。 さて、年始に抱負として書いていたことはどうなったんだろう。 nowarl.hatenablog.com 暗室作業のワークショップに参加する。 ワークショ…

 カラフルな世界

冬って少し色を失う季節。 でも、冬の晴れた日の鴨川の青色は夏のギラギラ感とは違って、落ち着いた青で好きだ。 12月らしい空の色が撮れた気がする。 Leica M typ262 Summicron 35mm/f2 12月は少し世間も余裕をなくして神経質な感じがした。 それももう終わ…

 放置された写真

Leica M typ262 Summaron 35mm/f3.5 Leica M2 Summicron 35mm/f2 Kentmere Pan400 Leica M2 Summicron 35mm/f2 Kodak 400TX Leica M6 Elmar 50mm/f3.5 Kodak TMAX100 なんとなく自分の中で好きな写真だけど貼っていない写真たち。 このまえ、暗室でプリント…

 悩む前に動いた話

寒いときに寒いところに行く人なんて酔狂だと思っていた。 年始は少し前まで沖縄で過ごすことが多かったから尚更だ。 ただ、冬の白川郷に行ってみたいなぁとぼんやり思っていたので、朝から車で出掛けた。 本当に適当だった。とりあえず東に向かうか…と新名…

 残骸と成長痛

「今年はあっという間だったなぁ…。どんな年だった?」 不意に問われて、不意に本音が出た。 「今年は苦悩した年だった…。色んなことにとにかく苦しんで悩んだ一年だった」 Leica M6 Elmar 50mm/f2.8 Kodak TMAX100 なんでそんなに悩んだり苦しんだりしたの…

 やりたいことをやりたいようにする日

計画なんていう計画はなかった。 本当にただ思いつきと流れで、また尾道へ行った。 何度となく歩いて、毎回同じようで違う町の一面に出会えるのが良いなぁと思った。 日本全国津々浦々、カメラを構えて歩くより、気に入ったところに何十回と脚を運ぶ方が楽し…

 今を大事にしたい

今年は失うものが多かった。 得たものよりも手放してしまったものとか、どこか行ってしまったものとか、不意に失くしてしまったものが多かった。 今でも行ってしまったものを感じると、悲しくて、あぁもうダメだなぁって小さな絶望を感じたりする。 Leica M …

 壁の傷

何事もうまくいく時があれば、何事もうまくいかない時もある。 「やってらんねえな」って思っちゃえば、その思いの通りにことが進むんだろう。 外的要因が強ければ、不満や愚痴も出て来るし、吐き捨てる言葉は汚くて鋭い。 Leica M typ262 Summaron 35mm/f3.…

 束の間の晴れ間と冬の足音

天気予報は晴れなのに雨が降っていた。 空には晴れ間が見えたから、歩いていたら晴れるだろうと、新しいライカと”いつも”のズミクロンを掴んで家を出た。 Leica M typ262 Summicron 35mm/f2 三条大橋でみんながスマホで写真撮っていて、なんだろうと思ったら…

 デジタルライカよ、こんにちは

前回の記事で色々と書いて、色々と触った結果、気にいるカメラはなかった。 どれもこれもデジタルの時代というのにボタンが多くて操作や設定項目が鬱陶しいほどに羅列されている。ファインダー内表示ももっとシンプルで良い。 妥協して買っても使わないこと…

 機材整理とモノクロデジタル

いろいろと踏ん切りがついた。 ライカとGR、Rollei B35以外のカメラとレンズを全て手放すことにした。 使わない機材をずっと保管するスペースはないし、撮った写真を振り返ってみてもここ1年は本当に数回しかシャッターを切っていないカメラもあって、やっぱ…

 1年経ってみてどうですか

ライカを手に入れて1年が過ぎようとしている。 この1年で撮ったフィルムは80本くらいだけど、そのうちの半分はM6に通したフィルムだった。 その次によく使ったカメラはM2だったけど、M6とはほぼダブルスコア。 一番持ち歩いていたはずのGRシリーズは途中で壊…

 写真をめぐる旅

自分の気に入ったカフェは写真集が置いてあることが多い。 自分の知らない写真家のものとか、普段は手にしない感じのものとかを敢えて選んでコーヒーを飲みながら楽しむひと時が好きだ。 そういえば、ライカがどうしても欲しくなったのも、竹富島のカフェに…

 時間の価値

一日の一番無駄な時間って通勤時間だと思う。 代わり映えのしない風景を押し競饅頭しながら眺めるなんて本当にバカバカしい。 それこそバカバカしいと思うのかどうかで価値が変わるのかもしれないが、どうにもやりきれない気持ちになることもある。 Leica M2…

 デジタルだろうがアナログだろうが

漫画家の浦沢直樹氏がETVでやっている「漫勉」っていう番組が面白い。 特に、高橋ツトム氏の回が最高によかった。 デジカメで撮影した素材を画像処理して線に変えて背景にすることで思いっきり手数を省略していた。 そこからペンを入れるんだけど、「デジタ…

 話半分、結果も半分

ふと覗き込んだ50mmズミクロンに波線状の何かが見えた。 半年前にオーバーホールに出した時に、抜けのいい綺麗なレンズですねって褒めてもらった自慢のレンズなのに。 嗚呼バルサム剥がれよ、こんにちは。 稼働率ナンバーワンの座こそ35mmズミクロンに譲って…

 べた焼きの上をもう一度スナップする人

迫力のある写真がずらっと並ぶ。 圧倒された。 森山大道の写真展に行くのは二度目。 一度目に行った時は「写真が趣味です」なんて恥ずかしすぎてもう言えないなって思った。 今回は、「全然撮れてないな自分」って思った。 なんだろうこの人の写真は。 圧倒…

 旅にレンズ1本

しっかり撮りたいときと、そうじゃないときと。 少しカバンの中のカメラは変わるけど、基本的にカメラ1台レンズ1本に部屋に転がるフィルムを何本か。 35mmって画角がすごく旅向きだと思う。 欲張ってなんでも写したくなるけど、全部は入りきらない。50mmほど…

 今ここで花と咲けよ

たまたま広島に行っていた。 広島の微妙にさびれた感じが好きだ。 田舎でもないけれど決して都会でもない。 ヨソ者には冷たいけれど排他的ってわけでもない。 中心地が悲劇の地であり浮かれるには少し暗い記憶も同居する。 Leica M2 Voigtlaender COLOR SKOP…

 テーマとか目的とか

写真撮るときにテーマとか目的とか考えながら撮る人ってすごい人だと思う。 Lomo LC-A Kentmere Pan400 ほとんど何も考えてない。 なんとなく「おっ」と思ったらフォーカスそれっぽく合わせてパチッ。 ロモのカメラはいまいちだけどフィルム通しちゃったし仕…

 選択の自由

実はいろんな選択肢が日常には可能性として広がっている。 小さなことから大きなことまで。 しがらみでがんじがらめのように思えても、少しバカになれれば無限大の可能性が誰にでもあるんだ。 もちろん何かとトレードオフなんだろうけどさ。 Leica M6 Summic…

 光の強さと影の濃さ

二面性ってものはなんにでもある話。 この夏の旅は九州の三池炭鉱へ。 銅山とか炭鉱とかって忘れ去られてるけど日本の基幹産業だったわけで、大きな会社や財閥の源流になったといっても過言ではないと思う。 実際に、三池炭鉱を案内してくれたガイドの方は、…

 レモンのスペシャルなウェルチ

気が狂うほど暑くていやになる。 出掛けるのも嫌で、せっかく手に入れたチケットを使うかどうか悩んでいた日曜日。 テンションが低いまま服部緑地野外音楽堂へ。 The BirthdayとSpecial Othersのイベント、「たとえば、ボクが踊ったら、」。 FM802の番組でイ…

 ドイツから来た小さな巨人

Rollei B35 Triotar 40mm/f3.5 Fujifilm Neopan 100 Across ドイツから航空便で約1週間。 届いた本当に小さな箱には大きな喜びが詰まっていた。 以前、GR1が壊れたときに買おうと思っていたけど、あいにく東北に行くまで時間がなくて受け取れないかも…とLomo…

 自分のレンズと授業料

自分のレンズというか、何を撮っても思った通りに撮れる相性の良いレンズってあると思っている。 自分の場合は、いろいろ考えたけど、35mmのズミクロンがまさにそんなレンズ。 Leica M2 Summicron 35mm/f2 Fujifilm Neopan 100 Across現像して出てきたネガを…

 活字中毒

活字中毒だと自分で思う。 別にそれが紙に書かれていなくても良い。 人が書いた考えや経験を伝えてくれる手段として文字は最高だと思う。 そこに写真が添えられていたら完璧だ。 Kindle Unlimitedが始まった。 始まる前から毎月1000円以上書籍代を使っていた…

 寛容だから寛げる

今週末は久しぶりに行きつけのカフェで思いっきり寛いだ。 お客さんも少ないわけではないし、落ち着いた空間というとは少し違うかもしれないけど、マスターを始め、スタッフさんがどんなに忙しくても笑顔で愛想がいい。 サービスが行き届いているし、行き届…

 怒りと哀しさの先に

激しい怒りを感じている。 今、僕は三陸にいる。 東日本大震災で津波に襲われた、陸前高田、大船渡、釜石、宮古…。 仕事でそこを駆け回っている。 そこで見た現実にショックを受けている。 心のどこかで「過去」のものにしていた自分に。 ここでは今でも仮設…

 立ち返る場所

尾道が好きだ。 山陽本線の車窓から見える尾道水道の美しさ、駅を降りた瞬間の磯の香り。 初めてここに来たのはいつだっただろう。 その初めて来た時に心がキラキラしたものが今でも残っていて、今でも素敵だと思えることが素晴らしい。 Leica M6 Summicron …

 チープさが身近さ

Lomo LC-Aを買った。 目測のフォーカスはRollei35と一緒なので特に困らないし、絞って使うことが多いので気にしない。 「トイカメラ」という扱いだけれど、このレンズをMマウントでわざわざ出したりしてるし、それなりによく写ると思う。 一時期のブームで結…