読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 FIAT 500Sの試乗に行った

BMW MINIは本当に楽しい車なのだけれど、最近同じBセグメントで気になっているのが、FIAT 500S。
FIAT 500は2気筒875ccのクラシカルなエンジンをぶん回すのが楽しいと話題になっていたけど、FIATに限らず外車のATは頼りないものが多いし、自分は断然MT派なのでFIAT 500Sに興味が行くのは必然かと。
乗ってみての感想はエンジン音がすごい。クラッチとシフトが軽い。こまめにシフトチェンジするような場面では良い感じ。アクセルペダルは少し踏みにくいけど、まぁ慣れるかなって感じ。
ぶっちゃけ、めちゃくちゃ欲しくなった。エンジンかけた瞬間に欲しいと思った。2速で引っ張ってワインディングを走った瞬間に惚れた。
ディーラーのお兄さんといろいろ話しておもしろかった。外車ディーラーは「乗る楽しさ」を伝えようとしてくれるのがいいね。
500Sってどんくらい売れてるの?って聞いたら、ほとんど出てないって言ってた。もうMT派には一巡しちゃったのかなって言ってた。日本じゃスポーツ仕様にしないとMTは売れないから、検討する人はたいていABARTHまではいらないor高価過ぎるって人らしい。
あと雑談してたら、「日本では車のヒエラルキー=排気量やサイズって感じることが多い」って話題が出て、あぁそれはあるなーと思った。小さくてもすごい車は本当にすごいんだけどね。