読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 モアレが怖くて写真が撮れるか

GRを手に入れて愛用しているというか中毒になるというか。
歩いてて「お」っと思ったらシャッターを切ってたらいつの間にかメモリー残量が僅少…みたいに。
で、撮った写真をPCに移して見てみるとモアレが盛大に…。
ネット上でのレビューだとどこでもローパスフィルターは悪者みたいに書かれているけれど、本当にそうなのかな。
最近、すごく解像度が重視されてるけど、写真力=解像力ではないだろう。
Lightroomでの補正前提だったら「モアレが怖くて写真が撮れるか」という論理で良いと思う。
補正前提でカメラ作ってるってのがどうなのよ。とは思わないのかな。
僕はペンタックス偏愛してるけど、ペンタックスはローパスセレクトできるからね。
真面目だよね。
リコーも真面目に作るメーカーだから次のGRではローパスセレクター載ったりしてね。


【追記】
ローパスセレクターって手振れ補正機能を応用した技術だったっけ。
なら載らないか。GRDだって4まで手振れ補正なかったし。
諦めて補正するか。
http://www.flickr.com/photos/126161047@N02/15435372919