圧倒的夏と圧倒的青春

海辺を歩いていて防波堤の先端へ歩く学生を見た。
頭の中にあのメロディーが浮かんだ。

39度のとろけそうな日 炎天下の夏

寝転んで空を見上げる。
http://www.flickr.com/photos/126161047@N02/19837358498
あぁ、なんて自由なんだろう。
長い夏、あの時みたいには楽しめないだろう。
今は今なりに楽しみたい。