読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 黒く塗りつぶせ

捨て値で売られていたM2。
保証も何もない。傷も多い。
商品詳細欄には一言「キズ」。
持病のバルサム切れかファインダーの中に斜めに光る何か。
期待せずにファインダーを覗くと恐ろしくヌケがよくて二重像のコントラストも良好。
正直、今持っているM6よりも良い。
M6の3分の1くらいの値段だったけど、店員さんがさらに値引きまでしてくれた。
後塗りのベースにしようと思いつつ、巻き上げてシャッターを切る。
シャッターフィールが上品すぎる。
M6はおもちゃなんて悪口を言う人がいるけど、これはちょっと質感が違い過ぎる。
たしかにM6はおもちゃだ。
カメラなんて写れば良いのだから…とは思うが、ちょっとこれは違いが大きい。

程度の良いM2をこんな値段で入手した。
ブラックリペイントとオーバーホールをルミエールさんにオーダーした。
ブラックリペイントをするかどうかは悩んだけれど、やっぱり黒いライカは至高なのだ。