読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 中判カメラってどうなんですか?

ふいに人から中判カメラってどうなんですか?と聞かれた。
どうなんですか?って、質問になってないにも程があるのだが。
どうなんだろう?

中判に対してのイメージ
  1. 35mm判よりもフィルムが大きいんだから当然画質含め表現力に富む
  2. 35mm判カメラよりもデカくて重いカメラ
  3. フィルム代、現像代が高い=ランニングコストが高い
  4. フィルム1本あたりの撮影可能枚数が少なくコストが高い
  5. ハッセルさんとローライさんが絶大な人気


お店に行って聞いてみた
  1. 画の立体感ではフォーマット的に当然アドバンテージがある
  2. 二眼レフだったから大きいけど軽いものもあるよ
  3. 現像代は大して変わらない。フィルム単価で見てもそんなに高いかな?*1
  4. 35mm判のカメラみたいなテンポで撮っていくスタイルの人はそもそも中判を選ばないからね
  5. ハッセルは良い。本当に良い。ローライコードって普及機はオススメ。人気って言っても今なかなか在庫が動かないからじっくり考えな


いやいや、買いませんし。

いろいろ調べて思った事
  • 作例いろいろ見たけど、めっちゃ面白そう。
  • ローライを各種見せてもらったけど、シンプルながらよく出来たカメラ。所有欲が満たされそう
  • 中判フィルムのランニングコストはアリだなと。35mm判よりむしろ全体的に割安感が漂っていると感じる
  • トイカメラメーカーから安価な製品が出ているけど、しっかりしたものをしっかりしたお店から買うのが結局一番いいんじゃないかな
  • まぁ、ピンと来たなら始めた方が良いよ