読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 束の間の晴れ間と冬の足音

天気予報は晴れなのに雨が降っていた。
空には晴れ間が見えたから、歩いていたら晴れるだろうと、新しいライカと”いつも”のズミクロンを掴んで家を出た。
http://www.flickr.com/photos/126161047@N02/30238921043
Leica M typ262 Summicron 35mm/f2
三条大橋でみんながスマホで写真撮っていて、なんだろうと思ったら虹。
いよいよ雨も止むだろうと歩き出す。
http://www.flickr.com/photos/126161047@N02/30757492412
日差しが温かかったのもほんのひと時だった。
とにかく冷たい雨だった。お気に入りのカフェでのんびりランチしてたら晴れてきたので飛び出す。
http://www.flickr.com/photos/126161047@N02/30572767500
結局曇天から冷たい雨が降ってきた。
本当にビックリするほどの冷え込み。
いよいよ冬だ。


Leica M typ262を初めてまともに使った。
正直なところ、M6持ち歩いてるのとほとんど同じ感覚なので、違和感もなければ新鮮さとか感動とかはない。
撮影後プレビューをオフにしていると、本当にフィルムライカと同じテンポで撮影できる。
ライブビューが付いていないし、ISO感度の変更以外では背面液晶を見ることがない。
これは本当に良い。被写体だけに集中できるし、神経質さもない。
フィルムライカから持ち替えて違和感がないってのは結構すごいことなんじゃないかと思った。
雨さえ降らなきゃもっと色々行きたいところもあったのが無念。