静かな海の影を眺めながら

大雨の予報で、今朝まで行こうか行かまいか悩んでいた。
朝起きたらなんて事ない天気だったし、雨が似合う海だと思った。
最後にきてから丸3年がたっていた。知らない道が出来ていたり知らない建物がたっていた。
知っている建物が消えていた。世の中そんなもんだ。
R0000820
何も変わらないフリをして毎日生活しているけど、老いて置いていかれる怖さがある。
だからって何かにしがみつきたいわけでもない。ただ寄りかかれる何かがあればいいと思う。
静かに波打つ瀬戸内の海を見ながら、穏やかな日を過ごした。
R0000791
一度止めてしまったらまた始めるなんて出来ない気がするから、いろんなことがあっても銀塩写真は続けたいと思っている。
幸い応援してくれる人がいて、続けていけている。
一度止めてしまったのにまた始めたPENTAXという会社に驚いて、PENTAX 17を予約した。
カラーネガを詰めてこれひとつ持って旅に出るのも楽しくて良いかもしれない。
ネガティヴな声も読んだが、もう今はあの頃じゃない。
R0000759
去り行く過去を慈しみながら、今日を強く生きたい。

 撮りたいものが分からないけど新しくなったカメラ

新しいカメラを買った。
10年間使ったGRが起動しなくなったりして騙し騙し使っていたんだけど、どうにも許せないタイミングで使えなかったりして、さすがに買うか…とGR3 Diary Editionを買った。黒を買わなかった理由は、元々GR3は自分の中で見送り対象のカメラだったっていうのが大きくて、真っ当に買いたくなかったから。
あとはなんとなく後継機か派生機が出そうだなってタイミングで発注を掛けたから、限定モデルにするのは決めていた。
まさか途中で発注停止になるとも思わなかったし、わけのわからん派生機がでるとも思ってなかったから色々ギリギリのタイミングだった。
10年くらい使いたいな…新品でカメラを買うのは2016年にライカを買って以来だ。新品は良い。
L1009814
キョウトグラフィーが始まっている。
このイベント、以前はちょっと苦手だったけど、最近ちょっと趣向が変わって来た気がする。お高く止まってる鼻もちならない感じが薄まった。
いや、時代の空気感がこのイベントに追い付いたのかもしれない。ブックフェアーがキラーコンテンツすぎる。
ボードカルチャーばかり扱っている出版社が出ていたときは買いまくってヤバかったし、去年もめっちゃ買った気がする。
今年もとっても楽しみだ。
R1003715
R1003708
京都は良い街だったけど、今はどうかなって思う事が多い。でも、久しぶりに会う友達とかと会うと一瞬で昔に戻れるのは変わっていく中でも変わらない街の空気がある気もしている。
最近は京阪電車京津線に乗って写真を撮りにいく機会が増えた。インバウンドとは無縁で良いが、散歩がメインになってしまうというか撮りたいものがあんまりないことにも気付かされる。
撮りたいものってなんなんだろうって考える日々だ。
R0000004

 アートを楽しめ

去年、初めてギャラリーでオリジナルプリントを買った。
著名な写真家のプリントをインターネットで買ったことはあったけど、リアルに買うのは初めてだった。
毎日というわけではないけどたまに広げて楽しんでいる。
今年、去年のKG+ フォトブックフェアで気に入った写真集の作家さんが大阪で個展をしているというので見に行った。
小さいサイズだけど毎日飾れそうなプリントを買った。オリジナルプリントを買う敷居は実際には全然ないと思う。
当たり前だけど写真集よりもクオリティは高いので、満足感は高い。
R0001641
いつの間にか欲しい機材がなくなっている自分がいた。
手元には10年連れ添ったカメラたちが居続ける。ピカピカだったGRは凹んだり塗装が剥げたしている。ライカだってそうだ。
でも、別にそれで十分なんだよな。
それで困ったことがない。あるかもしれないけどなんとかしてきた。
カメラの機能に左右される部分は写真っていうアートの枝葉の部分でしかないと思う。
R0306493
カメラメーカーが多い日本にあっては、メーカーの仕掛けたムーヴメントとアートの領域が曖昧で、実際はマーケティングじゃないのって思うことが多い。
実際にこれは海外から来たフォトグラファーの人が言っていた。日本はカメラ大国だから写真表現にももっと期待していたけど、マーケティングが支配していた…と。
別にそれはそれで文化だと思うし良し悪しじゃないと思うけど、どこかで線引きしておいてほしいなと思うことがあるのも事実だ。
まぁ、なんだかんだ言って、好きな写真を飾りたいし好きなものを撮りたいし好きな人を撮りたい。ただそれだけ。

 旅と写真と別れの2023

いろんなところへ行った一年だった。
北へ南へ西へ…。
いろんな素敵なものを撮った。いろんな価値観を知った。
新しく酒を飲む仲間が増えた。新しく一緒に旅をした人もいた。
今まで撮れなかったものも撮れた。また行きたい旅がある。


身近な人が急に逝った。
大好きな人たちが環境の変化でいなくなった。
日常が非日常になり続けた2023年だった。


新しく得たものと等しく、あるいはそれ以上に失うものは大きかったから、まだまだたくさん写真を撮りたいと思う。
今年も年末にモノクロフィルムを20本もらった。「がんばって撮り続けてや!」って言ってくれる人がいるから、ちょっと疲れていたけどどうしようもないけどスナップをフィルムでも撮ろうかなって思う2024。


R0000907
R0001310
R0306367
R0000546
R0000300
L1001540

 さよなら最終兵器

チバユウスケが死んでしまって、なんか寂しいとか悲しいとか、あんまり実感も湧かなかった。
みんながSNSTMGEの話ばかりしていて、The Birthdayから追いかけ始めた自分はちょっと違和感があったりして。
The Birthdayは今後どうすんだろうと思っていたら、「解散することなく、その活動を終了」っていうなんかすごく腑に落ちる形だった。
見に行ってないツアーは多分無いから、自分にとって全てのアルバムが心の中で生き続けていて、NHKホールで途中でアンプが壊れてブチギレるチバとか大雨の中の服部緑地で楽しそうに歌うチバとか味園ユニバースで「PV撮るから映って帰れよ!」って煽るチバとか、曲を聴いていたら色々思い出す。好きなバンドがどんどんいなくなるけど、新しいバンドがライブハウスで新しいロックを演っていて、ロックンロールは音楽は確実に繋がっていってると思う。
訃報の後に、SHERBETSのライブがたまたまKYOTO MUSEであって、チケット取ったのも忘れていたし、なんかライブに行く気分でもなかったんだけど、とにかく浅井健一が好きだから出かけた。
ベンジーがステージに出てきて、すっとマイクの前に立って、一呼吸おいて「チバユウスケくんが亡くなったので、みんなで黙祷しましょう」って言って、みんなで長い黙祷をした。本当に静かだった。
啜り泣いてる人もいた。「みんなでしよう」って言えるのが、めちゃくちゃ俺の好きな浅井健一だった。
R0000940
R0000949
R0000932
ライブの帰りに夜の道をスナップしながら歩いて家へ帰った。何かしてないとちょっといろんなことを考えすぎてしまいそうだった。

帰り道は自分が最初にチバに出会ったとも言えるThe Birthdayの「Rollers Romantics」を聴いていた。2006年の夏に広島でThe Birthday浅井健一の対バンを今は亡き友達と見に行ったことを思い出していた。
あの時はめちゃくちゃ怖かったなぁ…なんて思い出し笑いをしながら、寒空の京都であの頃と変わらずに鳴るロックンロールと過ぎ去った月日を思いながらただ歩いた。
さよならロックスター。俺の生きる燃料だったよ、ありがとう。

 知らないところへ行こう

怒涛の日々が終わった。
今年はとても忙しくて、B.L.T.こそなんとか頑張ったけど、それ以外に展示に出そうとかいう気にもならない。
あと、写真ギャラリーなんかにも本当に見たいものや興味があるもの以外にはあえて行かないようにしている。
「熱」がないのに行ってもあんまり意味がないなって思いからだ。少しでも熱があれば見に行こうとは思っているのだけれど。
R0000399
10月も11月も実はちょっとばかしの旅に行っていた。予定調和ではない、ほんとうの旅。
11月の旅はずっと昔から行ってみたいと思っていた西九州の街からさらに西の島でとても有意義だった。
もう少し体力があったら…と思うシーンもあったけど、まぁやれることはやった気がする。
R0000332
R0000300
10月も11月も産業遺構みたいな場所に行ったんだけど、かつての成長期を知らない僕らからしたら、信じられないような話や遺構がたくさん残っていた。
いつかなくなっていくべきモノだと思うんだけど、そういうものをフィルムに残しておくというのが意味がある気がする。
そして何より、自分の足で歩いた場所と人から聞く話は全く別のものだということ。
多分もうなかなかいくことはないと思うけど、忘れられない旅だった。

 身体が資本というけれど

今年の夏はいろんなところに行った。
富山にも行ったし鹿児島にも行った。記憶を巡ると結構楽しいことが多かったのかもしれない。
でも、なかなか思うように動けなかったなと思う。
L1006143
鹿児島に行ったときに、一緒に行っていた人が流行り病に罹っていて、濃厚接触っていうことで自主隔離に追い込まれた。
その時は毎朝検査して体温を報告して…って日を何日か過ごしたんだけど、5類になったとか言っても、感染リスクが下がったわけじゃないもんな…と思うのと、医療体制も限られる地方の仕事だと都会と同じような話にはならないだなってホテルの中で思ったりしながら、過ごした。
結局のところ自分にはうつってなくて、最後に少しだけ指宿温泉に行ったりしたんだけど、それ以外は夜中にちょっとスナップしに出かける程度になったのは残念だった。まぁ、ある意味では良い経験だった。あんなにぼーっとすることないだろうし。
R0001413
なんにしても今年の夏は異常と言えるほど暑くて、カメラを持ってどこかに行って…なんて頭にはあまりならなかった。
いつものようにGRを持ち歩いてパチパチ…程度。
そのGR、去年の夏におかしくなって、今も騙し騙し使っている。
なんかたまに鏡胴がロックされちゃってうんともすんとも言わなくなるんだよね。モーターがおかしいのかなって思っていたけど、基盤の問題らしい。
GR2は今でも直してもらえるけど、GRは無理なんだって。ほとんど同じパーツなのに納得がいかない。
ま、あんま困ってないし許してやるか。
L1006028
今年のB.L.T.をやって、なんとなくいろんな「解」が生まれそうだったけど、まぁそんな帰結するものなんてなくて良いんじゃねーかなって思いなおした。
撮りたいものはあるんだけど、ちょっと撮れるかわかんないものが多い。巡り合わせ的な要素が強い。
まぁ、自分の半径5mくらいしか撮ってないから動くしかないんだけど。無理せずやっていこうかなと思っている。
久しぶりにPay money To my Painのライブ映像を見ていたら、Kが「無理せず毎日ちょっとずつで良いんだよ」ってMCで言っていた。そういや、忌野清志郎もおんなじこと言ってたなって懐かしかった。