読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 モノを人から買う

車の買い替えを考えている。
考えているっていうレベルではないかな。
買い替える気でいる。
もともと外車のハッチバックが好きで、MINIが初めての愛車だった。
ぶっ壊れて、ロードスターに買い替えた。
ディーラーの担当者がすごく良い人で、彼も旧いロードスターに乗っている。
色々とお世話になっていて、深夜にもらい事故した時もいろいろアドバイスしてくれた。
彼が転勤で少し遠いエリアの店に行ってしまった時は、担当店を変えて、彼のお店まで車を持って行っている。
僕は別にマツダの車が好きなわけじゃなくて、ロードスターが好きだったんだけど、今回の買い替えにあたってマツダの車を第一候補にしたのはこの担当者からモノを買いたいと思うからだ。
候補には他のメーカーのクルマも入ってるけど、どのメーカーでも僕は今の担当者より対応が悪ければクルマ自体が良かったとしても買うつもりはない。
インターネット通販が主流になったとしても、結局、人から人へとモノは伝っていくんだ。
それはクルマっていう高い買い物に限らず。


実は最近ライカをオーバーホールに出した時に感動したのも、同じような話だった。
その店でカメラを買ったことはないんだけど、持っているライカをサービスでピカピカに掃除してくれる店主さん。
距離計のずれたズミクロンを直してもらったりして、すごいきれいに仕上げてもらってから僕は絶大な信頼を寄せている。
M2を預けるときに僕が「よろしくお願いします」というと、「正直、僕より修理うまい人はいてると思います。けど、誰よりも丁寧にやらせてもらいます。そのくらいの気持ちでしっかりやります」とはっきりと言ってくれた。


「あぁ、この人から商品・サービスを提供してもらいたいな、してもらってよかったな」と思える人に僕はお金を落としたい。